訪問歯科×食支援セミナー

副院長の樋山です!
いつもお世話になっている栂安先生が、管理栄養士の江頭さんとコラボして「訪問歯科x食支援」強化セミナー。
東京の中野で講演されたので当院管理栄養士の大久保と一緒に拝聴してまいりました!
中野は昨年障害者歯科学会でも訪れたので、この地ですごく勉強させてもらってる気がします。

日本は数年後から高齢者人口が4割になる人口構成が長く続くと予想されており、医療の構造も変革を迫られています。
健康な人が来る、0歳から100歳まで関わりを持てる医療機関である歯科。そして、食で病気を予防したり治療のサポートをする管理栄養士。

なんと、在宅高齢者が病院や施設に入ってくる時はほとんどが低栄養状態であり、低栄養の方の生存率は治療が難しいと言われる膵臓がんの生存率と同等なのだそうです。元気で自宅で過ごしている期間に高齢者の低栄養を予防し、健康寿命を伸ばせるよう、かかりつけ機能強化型歯科医院(多職種連携で地域包括ケアをする体制が整っている歯科)と管理栄養士は大変期待されています。

当院でも「入れ歯が合わなくて食べられないし痩せてきた」と来られた患者様が、義歯の調整と、管理栄養士の訪問栄養指導によって3キロ体重が増え、元気になられているというエピソードが最近ありました。

今後も多くの人にこの取り組みが届きますよう、頑張っていきたいと思います。