広島大学病院障害者歯科岡田芳幸教授の講演

広島大学病院障害者歯科の岡田芳幸教授にお越しいただき、全身疾患の中でも罹患者が最も多い循環器疾患についての講演をしていただきました。

超高齢社会=疾患を持つ方の増加、さらに、歯の残存数は着実に増加しています。

20年前は歯が少なく入れ歯が当たり前だった高齢者は、今は歯があり、虫歯治療や抜歯などの処置をする機会が増えています。

安全に処置を行うために確認するべきことや、起こりうる偶発症、その時どうするか?を、わかりやすくお話しいただきました。

明日からすぐに取り入れてより安全な治療、患者さんの笑顔につなげていきたいと思います!