安芸地区感染対策ネットワーク

マツダ病院で行われた
「安芸地区地域感染対策ネットワーク(AIC)」の
定期研修会に、院長岡本、副院長西中村、
保育士舛田、介護福祉士西村、滅菌清掃西原の
感染対策チーム5名で参加しました。
今回のテーマは「ノロウィルスと嘔吐対策」。
{CF10EC12-F02C-4C39-9336-737E9350123F}
{99E5D8B6-C973-42B4-8E2D-E97765A6F57A}
{80178CA7-DAA8-4B9D-B68E-05DED81279C5}
これからの時期に流行するノロウィルスについて
講義を受けた後、模擬嘔吐物を用意して、
周りに感染させないようにどのように嘔吐物を
処理するか実習も行いました。
また、次亜塩素酸製剤やアルコール製剤等、
環境・手指衛生のための製品の説明も受けました。
これからも院内の感染対策について
より一層取り組んでいきたいと思います。

院内勉強会「インプラント治療について」

10/19、診療終了後に院内勉強会GUTSを行いました。
{F4F80776-B39A-4432-AC09-F3C2BE2563A6}
{807E464B-8B9A-471F-8713-8D0B4AB7555C}
{DC5C8E29-F012-4B4D-ACB2-62B616A8CE3C}
今回は、歯科医師の久保によるインプラント治療についての講義。
デンタルインプラントの歴史や雑学を交えながら、治療を行う上で必要な概念や、
天然歯との違い、治療の流れなどを復習も兼ねて話させていただきました。
皆真剣に聞き、勉強し、質問なども沢山出て、とても有意義な時間を過ごせました。
日々勉強し、向上心を持ちながらより高い医療レベルを患者さまに提供していきたいと思います。