オレンジライン

海田オレンジラインの会場に

2月10日土曜日
巡回型認知症カフェ『海田オレンジライン』がひまわり歯科にて開催されました。

お茶をのみながら、ゆったりと専門職のスタッフさんを交えて、色んなお話をしたり。
ハンドマッサージをしてもらいながら、心地よい時間がながれたり。

お雛様の工作をみんなでワイワイと楽しむ時間もあったり。

そして、そして、歯科での開催ですから!とても大切な役割として、訪問部歯科衛生士の沖原さんによる口腔体操の時間もありました!

あいにくの雨模様で、どのくらいの方が来てくださるかな~と心配でしたが…参加者13名。そのうち初めてご参加の方が6名もいらっしゃいました。

今後も地域の方々の為に、ひまわり歯科として協力できるところはしっかりと関わらせてもらおうと思っています。

海田オレンジライン!次回は
3月4日(日)13時半~15時半
海田ふるさと館で開催されます。

見学へ

今日は、院長の岡本、副院長の樋山、訪問主任歯科衛生士の沖原、医事課の大井の4人で、岡山県の奈義ファミリークリニックへ見学に伺いました。
日本での「家庭医」、プライマリケア、総合診療医の第一人者である松下明先生にお話を伺い、外来診療、訪問診療を見学させていただきました。

現代の医療はどうしても傷んだ臓器を治すことにベクトルが向きがちですが個人と臓器の間の自律神経システムが乱れて体調不良を訴える患者はプライマリケアの現場では多いそうです。
つい私どもは臓器、組織、細胞というところへ追求しがちですが、病気ではなく、「人」を診る、その人の後ろにある家族、地域との関係を診る、そうすると9割くらいはその方の問題に対応できるそうです。また、残りの1割の専門医への紹介が必要な方を見抜き繋げるのも家庭医の重要な役割だそうです。

私たちも歯科の「家庭医」として、なんでも気軽に相談していただける関係性作り、健康維持、病気の予防に取り組んでいきたいと思います!

松下先生、秘書の町田さん、中山副所長、上春先生、三島看護師、和田先生を始めクリニックの皆さま、とても優しく対応していただきありがとうございました。

節分

2月3日は、節分の日豆
CoCoランド(スタッフ専用託児)でも、節分行事

「みんなが健康で幸せに過ごせますよう」という意味を込めて、

悪いものを追い出す日。

『鬼は外! 福は内! 』

子ども達は、鬼退治

・・・そこへ

!!?

!!!!!!

「悪い子はいないか~」

「いい子にしますッ!!」

 

心の中の、

「わがまま鬼」「いじわる鬼」「なきむし鬼」出て行け~

みんなで豆を蒔き退治しました!

みんなが元気いっぱい大きくなりますように☆

これからも、季節の行事を通して、

豊かな感性や情緒を育んで行きたいと思います。