第28回THE HOPE(今期第2回)

歯周病学会専門医の寺嶋宏曜先生をお招きして行なっている

歯周病勉強会「THE HOPE」も今回で28回目になりました。

高度な歯周病治療の知識と技術を多くの方に得ていただきたい!

という思いの下、今期は外部にもその門戸を開き、

県外からも多くの歯科医師、歯科衛生士が参加してくださっています。

今回は「歯周外科総論講義」、「組織付着療法と切除療法の実習」を行いました。

歯周病の治療は歯科医師と歯科衛生士の

緊密な連携が必要になりますので、

この「THE HOPE」は歯科医師と歯科衛生士が同じ講義を聞き、

共に実習する点が大きな特徴です。

普段はアシスタントをする歯科衛生士が、

実習では実際に切開や縫合も体験します。

その経験は、臨床現場でのアシスタントワークや

患者様のメインテナンスをするときの

冷静な判断ときめ細やかな気配りにつながっていきます。

どんなに回数を重ねても、新しい発見があり

学びが終わることはありません。

今後も患者様へ高度な歯周病治療を受けていただけるよう、

研鑽を続けていこうと思っています!

歯科衛生過程とは

高齢社会の進行、慢性疾患の増加といった社会構造の変化により、必要があっても病院やクリニックに出向くことが出来ない方が増えています。

在宅診療を通して、一人の患者様の生活を支援するための多職種連携を、より密にしていくことが私たち医療機関従事者の責務と考えています。

歯科衛生士が現場で必要な情報収集を行い、適切な判断、行動を書面化し、多職種連携をより質の高いものにするための「歯科衛生過程」もその責務を支える学問のひとつです。

3年ほど前から学生教育にも取り入れられてきた、歯科では比較的新しい学問の項目であり、現場でもまだこの科目を知らない人も多いです。

ひまわり歯科では積極的に歯科衛生過程を取り入れ、ワークショップや発表会にも参加しています。

今日は歯科衛生士の石井チーフから、歯科医師向けにレクチャーを行い、歯科衛生過程の基本的な考え方や、ひまわり歯科での取り入れ方についてディスカッションを行いました。

患者様が安心して通院でき、その先の在宅診療へ移行する際も多職種で情報を共有してより安心して生活を送っていただけるよう、ひまわり歯科では日々勉強と実行をしていこうと思います。

地元でコツコツ

今日は、かれこれ3年以上訪問させていただいている海田町内の障害者施設にブラッシング指導へ。

利用者さんとも顔見知りになり、訪問を楽しみにしている施設の1つです。

毎回プラークの染め出しと写真記録をしていますが、時間を重ねるごとに、みんな随分とプラークが減りました。コツコツと、ブラッシングに向き合ってくれた成果です。私たちもこういったときにやり甲斐と喜びを感じます。

中にはむし歯が見つかって当院に通ってくださっている方もいらっしゃいます。むし歯治療が終わった後も定期検診に来ていただくことで随分お口の汚れ具合が違います!

今日は研修医の先生もブラッシング指導に熱心に取り組んでいました。研修という意味でも充実した時間となりました!