矯正歯科 歯ならびは健康にも大きく関係があります

「ひまわり歯科」の矯正歯科

歯並びを整えることを歯列矯正といいます。

この治療は一般的に歯並びを整えて見た目をきれいにすることが目標ですが、なぜ歯並びを治した方がいいのでしょうか。

歯並びを治すべき理由

1心理的障害

歯並びは顔貌、特に口元の感じに対して大きな影響を与えています。歯並びが悪いことで人前で思いっきり笑えない、人前に出ることに消極的になる、劣等感を持ち友人との付き合いを避けるなど、社会生活を送る上での心理的障害があらわれることがあります。

2むし歯になりやすい

歯並びが悪いと歯の周りに汚れ(細菌性プラーク)が蓄積し、むし歯になりやすくなります。また、前歯が前方に突出していると口唇が閉じにくくなり、歯面が乾燥することで、唾液の抗菌効果が薄れ、むし歯になりやすくなります。

3歯周病になりやすい

歯並びが悪いと汚れ(細菌性プラーク)や歯石が蓄積しやすくなり、歯周疾患が発症・進行しやすくなる。また、前歯が前方に突出していると口唇が閉じにくくなり、歯面が乾燥することで、唾液の抗菌効果が薄れ、歯肉炎が起こりやすくなります。歯周病菌が出すガスによりひどい口臭がすることもあります。さらに、かみ合わせが悪いことで咬合力が一部の歯に集中し、歯槽骨破壊を起こします(咬合性外傷)。特に歯周病になっている歯の場合、その組織破壊が進行しやすくなり、歯周病を助長します。

4咀嚼機能障害・筋機能障害の誘因

かみ合わせが悪いと、かみ切れない、固いものがかめない、のみこめるようになるまで時間がかかるなど、食事時の不便や咀嚼効率の低下が起こります。またかみ合わせが悪いことで、悪い咀嚼方法が習慣化すると筋機能障害になることもあります。

5転倒や打撲の時に外傷を受けやすい

歯並びが悪い(特に上顎前突の場合)と転倒時などで口元に外力を受けた際に、歯が破折・脱臼したり、口唇を受傷したりしやすく、大きなケガにつながります。

6顎骨の発育障害の誘因

成長期に歯並びの悪さがあり、異常な咬合になっていると、顎の発育が正常に起こらず、骨格性の不正咬合になりやすいです。

例:歯性下顎前突症(上下の前歯が逆にかぶさる) ➡ 骨性下顎前突症(受け口)

矯正治療は一般的に一期治療と二期治療に分けられます。一期治療は乳歯が生え変わる途中の小児期より歯列に対してアプローチして、歯の生え変わりや顎骨の成長を利用して健全歯列に導く方法です。二期治療はすべて永久歯が生え変わった状況で健全歯列に導く方法です。それぞれ治療期間や治療費用が異なります。

歯並びの悩みは多くの人が抱えている悩みの一つです。自身だけでなく、ご家族の歯並びも気になることがあります。歯並びが悪いことで細菌性プラークや歯石がたまりやすく、むし歯が頻繁にできて何度も治療が必要になることがあったり、歯周病が悪化して進行を止められなくなったりすることがあります。むし歯や歯周病のような一生付き合わなければならない疾患になる前に、お手入れがしやすいお口の環境をつくっておくことは、将来の健康を考える上で大事です。

このままの歯並びで大丈夫か、気になるけど何歳から治療をした方がいいのか、どれくらいの費用や期間がかかるのか、といった様々なご質問があるかと思います。矯正治療を受けた方がいいのか悩まれている方、矯正治療を受けたいけど話を聞いてから決めたいという方は、矯正歯科担当歯科医師へ相談する機会を設けることもできます。気になる方は担当スタッフにご相談ください。

正しい歯並び・かみ合わせ

正しい歯並びはきれいな放物線を描き、かんだ時上の前歯が下の前歯に2mm程度覆いかぶさり、奥歯の山と谷がしっかりかみ合っています。

「ひまわり歯科」上顎咬合面写真
上顎咬合面写真
「ひまわり歯科」下顎咬合面写真
下顎咬合面写真
「ひまわり歯科」正面写真
正面写真
「ひまわり歯科」側方写真
側方写真
「ひまわり歯科」側方写真
側方写真

悪い歯並び・かみ合わせ

「ひまわり歯科」叢生(でこぼこ)
叢生(でこぼこ)
「ひまわり歯科」上顎前突(出っ歯)
上顎前突(出っ歯)
「ひまわり歯科」反対咬合(受け口)
反対咬合(受け口)
「ひまわり歯科」開口
開口
「ひまわり歯科」過蓋咬合
過蓋咬合

子どもの矯正治療・Ⅰ期治療

子どもの矯正治療はただ歯を動かすだけではありません。

大人の骨格に成長する前にあごの骨を拡大したりして骨格の大きさや形を改善することができます。

乳歯と永久歯の生え変わりの時期に歯並びが悪いと成長するにつれてさらに悪くなることがあります。そして悪くなればなるほど治療が難しくなったり、健康な歯を抜いて治療しないといけなくなってしまうこともあります。

つまり、子どもの矯正治療では土台となっている骨格の問題を解決して、成長の軌道修正をし、骨格の問題が大きくならないようにすることが大切です。

そして成長終了後、歯並びの仕上げ治療で1本1本の歯をきれいに並べていきます。大きな問題が子どものうちに取り除かれているのでより簡単により良いゴールへと仕上げることができます。

このように2段階の治療を行うことで、抜歯や外科的矯正治療が必要になる確率が低くなります。また、子どもの矯正治療だけですむラッキーなケースもあります。

「ひまわり歯科」子どもの矯正治療・Ⅰ期治療

大人の矯正治療・Ⅱ期治療

大人の矯正治療には年齢制限はありません。歯の周りの骨や歯ぐきがしっかりしていれば何歳からでも治療可能です。

大人の場合、あごの骨や歯の周りの骨の大きさも形もすでに完成しているので、その大きさを変えたい場合には外科手術が必要になることがあります。手術をしない場合には骨の大きさのアンバランスはそのままで、歯を移動させて問題を解決することになるので、場合によっては抜歯が必要になることもあります。

「ひまわり歯科」大人の矯正治療・Ⅱ期治療

治療の流れ

1無料相談(約30分)

矯正専門スタッフより治療の必要性、適切な開始時期、予測される装置、治療期間および費用の概略についてお話します。歯並びの悩みや心配事、矯正治療の疑問などお気軽にご相談ください。小中学生、高校生の方は、保護者の方とご来院ください。治療を進めるかどうかは相談の後よく考えて決めて下さい。

2検査(約60分)

レントゲン、口や顔の写真撮影、歯の型どりなど診断に必要な検査を行います。 検査費用は15,750円(税込)です。

3診断・治療計画の説明(約30分)

検査の結果をもとに今の歯並びの状態を診断し、使用する装置や矯正にかかる費用、期間など治療計画をお話します。診断費用は7,350円(税込)です。治療を始めるかどうかはじっくり考えて決めて下さい。

4治療開始・通院

装置の準備、装着をします。装置が入ったはじめ、装置の調整をしてすぐは痛みが出ますが、しだいに慣れていきます。だいたい1、2ヶ月に1度のペースでの通院となります。(装置の種類や治療の進み方によりもう少し間隔があくこともあります。)

5矯正終了・保定

歯並び、かみ合わせが整えば装置をはずします。しかし装置をはずしてすぐは歯が元の位置に戻ろうとするので、それを防ぐための保定を行います。保定はリテーナーという取り外し式の装置を作り、年に数回の通院となります。

Q&Aよくあるご質問

痛みはありますか?
装置が入ってすぐ、装置の調整をしてすぐは痛みがあります。始めは痛くて食事がかめない事もありますが、数日から1週間程度で落ち着いてきます。
治療期間はどのくらいですか?
お口の中の状態や歯の動き方により個人差がありますが、現在治療中の方では子どもの矯正治療は数ヶ月〜数年、大人の矯正治療は2年~3年程度となっています。
目立たない装置もありますか?
表側につける装置の白いタイプも用意してありますし、歯の裏側につける装置の場合は表からは見えることはありません。
装置をつけるとむし歯になりませんか?
装置の隙間に食べかすなどが挟まりやすいので歯磨きが上手にならないと虫歯ができてしまうこともあります。
ひまわり歯科では装置が入ったら歯磨き指導を受けてもらうことにしています。ご希望の方は矯正治療とは別に歯のクリーニングのご予約をしていただくこともできます。
治療費はどのくらいかかりますか?
お口の中の状態や使う装置の種類により個人差がありますが、現在治療中の方では
子どもの矯正治療 20~30万円
大人の矯正治療 50~60万円
(子どもの矯正治療から続けてされる場合は20~30万円)
費用は一度にすべて払わないといけませんか?
一括、分割、カード払いができます。
治療契約金のほかに治療毎3,150円から~5,250円調整料がかかります。

ページトップへ戻る